サービングとは?

serving サービングとは、動詞のserve サーブ(給仕する)から来ていて「一食分として食べる量」の意なので、食品の種類、食材の調理の仕方によって異なります。たとえば、ビールなら1缶(12 oz.=355ml)飲めますが、牛乳を同量飲むのは、ちょっときついですよね?(笑)

なので、ビールの場合、1サービング=12 oz.ですが、牛乳の場合は1サービング=1カップ(=240ml)です。ま、「私のビール1サービングは軽く1パイント(480ml)よ」って思う人もいるでしょうが、一応、USDA(米国農務省)が決めた基準があり、アメリカでは、食品のパッケージには、栄養成分表示と、1サービングがどれだけの量、重さなのかの目安となる serving size サービング・サイズが明示されています。

食品群別1サービングの分量の目安

アメリカの1カップ=240ml
■穀類 grain: bread, cereal, rice
・パン:1サービング=1スライス
・シリアル:1サービング=1カップ
・調理したホットシリアル(オートミールなど)、パスタ、米:1サービング=1/2カップ
■野菜
・生の葉野菜:1サービング=1カップ
・調理した葉野菜、葉野菜以外の野菜:1サービング=1/2カップ
・野菜ジュース:1サービング=3/4カップ
■フルーツ
・りんご、バナナ、オレンジ、梨:1サービング=中1個
・缶入りフルーツ:1サービング=1/2カップ
・フルーツジュース:1サービング=3/4カップ
■乳製品
・牛乳、ヨーグルト=1カップ
・ナチュラルチーズ(チェダーチーズなど):1サービング=1 1/2 oz.(43 g)
・プロセス・チーズ(アメリカンチーズなど):1サービング=2 oz.(57 g)
■肉、豆、卵、ナッツ類
・脂肪の少ない肉、鶏、魚:1サービング=2〜3 oz.(57〜85 g)
・調理した豆類、豆腐:1サービング=1〜1 1/2カップ
・ピーナッツバター:1サービング=大さじ4〜6
・ナッツ:1サービング=2/3〜1カップ
■アルコール
・ビール:1サービング=12 fl.oz.(355 ml)
・ワイン:1サービング=5 fl.oz.(148 ml)
・蒸留酒(アルコール度40%):1サービング=1.5 fl.oz.(44 ml)

で、このサービング・サイズ、昔に比べて今の方が量が多かったりします(笑)

| この記事のURL | 英語レシピのフォーマット |